便秘解消の為に上手に水分補給

20代の頃から毎日きちんと便通があるタイプではありませんでしたが、 20代の後半に出産経験をして完全なる便秘体質になってしまいました。

完全なる便秘体質の始まりは、産後の入院中になんとなく便をすることに抵抗がありまして、 我慢をしてしまい、その事が原因だったような気がしますが、 自宅に戻ってきてからもすっきりと出る日が少なくて、 一度、救急車を呼んだほうがいいのかなと思える程の、脂汗ものの腹痛に恐れました。

結局たまりにたまった便で腹痛を起していることが分りまして、 トイレの中で格闘すること30分全ての便が出来ると痛みもなくなりました。

その経験からかなり便秘には敏感になりまして、人生初の便秘薬を飲むようになりました。

しかしそれまで便秘薬など飲んだことがなくて、便秘薬を飲むと便は出るには出るのですが、 排便前にかなりの痛みを伴うので、便秘薬を飲む事に勇気も必要でした。

そんな話を同じく産後のママ友に話したら、 水分をきちんとした取り方をするとかなり便秘は改善するよとの事を教わりました。

私は自分では水分と取っている気になっていましたが、考えたらジュースや珈琲などが多くて、 お水やお湯を飲む事は年間に何回あるかの感じだということがわかりました。

ママ友曰く、水分と言っても飲むものや飲む時間を間違えると便秘には何の効果もないとの事なので、 ママ友に教えられたように実践してみる事にしたのです。

そのやり方は朝起きたらすぐに白湯を500cc飲みます。

その後は少し時間を空けて朝食を食べますが、朝はなるべく固形物を胃腸に入れないように、 スムージーや豆乳など水分を多く摂取して午前中は排便モードにすると良いとの事でした。

次にお昼にまた白湯を500cc飲みます。

この時は普通の食事や飲み物を一緒に食べたり飲んだりしてもいいそうです。

そしてお風呂上りに白湯をまた500cc飲みます。

一日にトータル白湯を1,5リットル飲む形になるのですが、 時間と飲む量を最低限守れば便秘体質は1週間でかなり改善されてくるとの事でした。

本当に1週間で腸内が安定して午前中はだいたい排便があるようになりました。

また水分を取りたいと感じたらなるべくジュースやお茶や珈琲ではなく、 白湯やミネラルウォーターを飲む様にしました。

上手に水分を摂取するだけで簡単に便秘体質が改善してくるので是非試してほしい方法だと思います。 簡単でその日から始められるのでお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ