マグネシウムで便秘を解消

近年食の変化により便秘に悩む方が増えてきています。 基本的に週に3回ほどバナナ状の健康な排便があるのであれば、健康という様に言われていますが、 便秘は人それぞれ感じ方に個人差があります。

週に2日ほどしか排便がない人であっても、 本人が残便感などがなく快便だという気持ちで過ごせるのであればそれで問題ないですし、 また毎日のように排便があっても、便が硬く残便感があるようであればそれは便秘という状態です。

そもそも排便の仕組みというのは口から摂取されたものが食道から胃、 大腸と通っていく中で身体に必要な栄養分はしっかり吸収されるのですが、 それ以外の食べ物の残りカスや老廃物が大腸を通過しながら水分を吸収して便という1つの固形物になり、 大腸の中で蠕動運動が繰り返され排便に至ります。 健康であればこういった仕組みで排便は起こるのですが、 便秘になる原因というのはたくさん存在しています。

一番便秘の原因としてありがちなのが、 急性便秘という大腸の蠕動運動が鈍る事によって一時的に便秘の状態になる状態です。 これは食物繊維不足や水分不足、運動不足、精神的なストレスなどによって起こるものです。 こういった急性の便秘に対して日常的に便秘である状態の事を慢性便秘といい、 慢性便秘には大腸の蠕動運動が弱くなる事で怒る弛緩性便秘、 ストレスによる自立神経が乱れる事や下剤の乱用によっておこる痙攣性便秘、 浣腸の乱用で便意が脳に伝わらなくなって起こるような直腸性便秘があります。

こういった便ができる過程や排便の仕組みに原因があるものを機能性便秘という便秘に対して、 大腸がんなどの病気により起こる便秘を器質性便秘といいます。 便秘といってもこのようなたくさんの理由はあるので、 あまりに続くようなら自分で判断せず一度は専門医に診てもう方が良いです。 専門医に相談するとまずは便秘状態を改善するために、 マグネシウムという薬を処方してもらえる事が多いです。

上記で述べたように下剤などは長く使い続けると癖になり、 自分で排便できなくなる状態に陥る事もありますが、 マグネシウムは直接大腸に刺激を与えるわけではなく、 水分を吸収して排便しやすい状態を作るような作用をしてくれますので、 穏やかに排便する事ができますし、癖になってその後自分で排便できなくなるような事はないので、 小さい子供から高齢の方、また妊婦に対しても使われる薬です。

便秘状態でいるとお腹や胃が張ったような感覚になりますし、 老廃物が溜まった状態であるという事ですのでお肌などが荒れるような原因になります。 病気の可能性を調べるためにも気になる方は一度しっかり診察してもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ