便秘と肥満の関係性:便秘を解消するだけで痩せる人もいる?

■便秘と肥満の関係

特に慢性の便秘の方は、肥満になりやすいです。 その理由は、体内で小腸から大腸へと食物が運ばれて行く順路の乱れによります。 主に栄養分を吸収するのは小腸です。 小腸で食べ物は消化吸収されながら、大腸へ不要物が移動して行くというのが食物の消化の経路です。

便秘により大腸に不要物が溜まっていると、小腸に食べ物が留まる時間が長くなるわけです。 その間、小腸では通常より多くの栄養素を吸収し、体に取りこむ事になります。 その結果、体内で余分な栄養が残り、体脂肪へと変換されるのです。

それ以外にも肥満に見える原因として、便秘により腸が詰まるので、 腹部から下腹部のまわりがパンパンになる事が挙げられます。 そして最も厄介な点は、便秘はくせになりやすいという事です。

長期に便秘が続くと、大腸内の便が固くなり、さらに排出が困難になります。 そうすると悪いサイクルに入ってしまい、便秘が長引く訳です。 また便秘中にどんどん食物を食べると、排出されないので、徐々に胃や小腸が大きくなっていきます。 これがいくらでも食べられる体質、つまり肥満体質につながるのです。

■便秘を解消する事により肥満が解消する

便秘からくる肥満の解消法について説明します。 肥満度がひどい場合には、医師に相談してください。 通常の太っている範囲内でしたら、まずは便秘を解消する事を試みてください。

普通の市販の便秘薬は効果が強すぎて苦手な方もいるかもしれません。 現在は、効果の強いものから、マイルドな物、天然成分からできている物など、 色々な便秘薬が販売されています。 マイルドな物から試してみて、自分の便秘に合ったタイプの薬を飲んでみる事が良いです。

また、運動をほとんどしていないという方は、ウオーキング程度でも良いので、 軽い運動をしてみる事をお勧めします。 主に腰から下の筋肉を使う運動をすると、あっさりと便秘が治ったりします。 特に腹筋を鍛えるトレーニングは便秘解消に効果的です。

食生活については、可能であれば1日3食、規則正しい時間に食べるのが一番です。 仕事の関係で食事が不規則になりがちの方は、次のポイントだけでも守ると良いです。

・寝る直前には食べない

・お菓子やスナック類は控える

・食物繊維、こんにゃくなど消化されにくい物を取る

・空腹を感じる時間を作る

「空腹を感じる時間を作る」というのは、便秘に効果的です。 これは、胃を一度、空に近い状態にして、腸を休める事ができるからです。 小腸が「何も流れてこない」時間を与えてあげるのです。

その状態を大腸が感知すると、大腸は現在腸内にある物質を排出する為に動き始めます。 大腸が活発に動く様になり、結果として便秘が解消されるのです。 これらのポイントに気をつけて食事をすると、便秘が解消され、肥満も解消されると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ