便秘が改善されたらアトピーも良くなる?

アトピーになってしまうと、なかなか良い治療法に出会えず、 ステロイドなどの薬と常につきあい続けなくてはいけない事があります。 アトピーの根本の原因が、解明されていないからです。 ただ、腸内環境とアトピーは大きな関係があると言われています。 となると、便秘とアトピーにも深いつながりがあるのです。

アトピーは、食事やストレス、免疫力などさまざまな事が影響しています。 また、一方で便秘も食生活やストレスが大きく関わっています。

便秘で腸内環境が悪化してしまうと、腸内に不要なものが溜まっていきます。 その不要な物が溜まっていくと、肌に影響が出てきます。 ニキビなどからもわかると思います。 また、腸内環境の悪化で血行も悪くなっていきます。 すると、肌の血行も悪くなり、またこれもアトピーの原因となります。 腸内環境が乱れる事は、肌に直結してしまうのです。

それから、便秘になってしまうと必要な栄養が吸収されにくくなるので、 体の免疫力も低下してしまいます。 免疫力の低下は、アトピーになりやすい肌を作り出してしまいます。

更に、ストレスによって便秘になってしまう事もあります。 同様に、ストレスがあるとアトピー症状が発生する人もいるようです。 このように、便秘の原因とアトピーはつながっているのです。

ということは、便秘を解消する事で、アトピーを軽減させる事が出来るという事です。 実際に、食生活を改善して腸内環境が整った事で、アトピーが治ったという人もいるくらいです。 また、便秘に良いとされる乳酸菌が、アトピーに効果があったという報告もあります。

では、アトピーを治すために、どうやって便秘を解消させれば良いのでしょうか。 第一に食生活です。 アトピーにも言える事ですが、脂っぽいものやレトルト食品を控えて、 できるだけ野菜などの食物繊維、そして、発酵食品などをとることです。 食物繊維は便秘に良いとされています。 また、発酵食品には酵素が含まれているので、 体内の消化が良くなり、やはり便秘にも効果があります。

酵素は、今、とても注目の栄養素です。 そして、乳酸菌も腸内環境を整えるためには大きな働きをしてくれます。 また、食生活はもちろんですが、運動もおすすめします。 軽い運動は血行促進を促し、ストレス発散に効果があります。

このように、便秘を解消して体内をキレイにすることが、アトピーに良い影響を与えます。 アトピーに悩む人の多くが、便秘でも悩んでいる事が多いようです。 腸内環境はアトピーと深いつながりがあるので、 腸からアトピーへのアプローチしてみるといいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ